香り袋・香木・練り香

練香練香

天正年間から続く伝統を現代に引き継いだ逸品ぞろい。

雅やかな平安貴族の生活を彩ったお香が、当時「薫物(たきもの)」と呼ばれていた「練香」(ねりこう)です。沈香や丁字・白檀・貝香などを粉末にし、梅肉や蜂蜜で練り固められたものとされています。天正年間から続く香十・高井十右衛門の伝統を現代に引き継いだ逸品をご紹介します。

このページのトップへ