お香の使い方・種類について

お香の楽しみ方・使い方

毎日の暮らしの中に、香を取り入れてみませんか。
お香は様々な生活シーンで活躍します。

  • 来客の前に
  • リラックスタイムに
  • お料理後の臭い消しに
  • 梅雨時など湿気が気になる時に

「お香を使うのは難しそう・・・」というイメージがあるかもしれませんが、実はとても簡単!
ここではお手軽なお香の使い方をご紹介いたします。
お香をやさしく薫らせて、心地よいひと時をお楽しみください。

お香を楽しむ

気軽に楽しみたい方や初心者の方におすすめです。

1香皿で焚く

用意するもの
お香 / 香皿 / ライター・ろうそく等

香皿を使用する、最もシンプルなお香の焚き方です。
お部屋の中心やコーナーなど、少し離れたところへ置いて香りを漂わせます。
たき終わったあとの残り香(お部屋にほんのりと残る香り)もお楽しみいただけます。

  • ①香皿の上に香立て(お香に同梱されています※一部商品を除く)を置いて下さい。
  • ②その上にお香を乗せ、お香の先端に火をつけてください。
  • ③先端が赤くなり燃焼しているのを確かめたら、火を消し、くゆらせます。

スティック型のお香

スティック型のお香

使いやすく、最も手軽に焚けるのがスティックです。

コーン型のお香

コーン型のお香

一度に燃焼する面がスティックに比べ広いので、短時間でお部屋に香りを広げることができます。

コイル型のお香

コイル型のお香

燃焼時間が長いため、長時間香りを楽しみたいときにおすすめです。

2香炉で焚く

用意するもの
お香 / 香炉 / 香炉灰 / ライター・ろうそく等

-香りを楽しむ際のPOINT-

  • お香に火をつけた後は、香炉の蓋は外し、香りをお楽しみください。
  • 香炉灰は乾いたものをご利用ください。
  • 香炉灰の表面は平らな状態にしてください。

香炉と灰を使用して、気軽にお香の香りを楽しみましょう。

  • ①香炉のおよそ8分目を目安に、香炉灰を入れてください。
  • ②その上にお香を乗せ、お香の先端に火をつけてください。
  • ③先端が赤くなり燃焼しているのを確かめたら、火を消し、くゆらせます。

スティック型のお香

スティック型のお香

灰の上に立てたり、横に寝かせてもお使いいただけます。

コーン型のお香

コーン型のお香

灰の上にちょこんと置いてお使いください。

コイル型のお香

コイル型のお香

灰の上に置いてお使いください。
長時間香りを楽しみたいときに。

お香をたいていない間は、香炉のフタを閉め、置物やインテリアとしてお楽しみください。

おすすめのお香

初心者の方にも使いやすく、香りを聞きやすいお香です。

※ご使用いただく環境により、燃焼時間には多少の差が生じます。

かゆらぎ

かゆらぎ

和花をイメージした香りのシリーズ。
心地よい「かおり」。
ひとすじの「ゆらぐ」香煙。

詳細はこちら

夢の夢

夢の夢

ほんのりお香、しっかり和。
四季折々の日本の美しさを表現したお香です。

詳細はこちら

おためし香

おためし香

弊社商品の中から、特に根強い人気を誇る6つの香りを詰め合わせたトライアルセットです。

詳細はこちら

カフェタイム

カフェタイム

のんびり、ゆっくり、リラックス。カフェで楽しめそうなお茶やお花、果物の香りが2種類ずつ入ったシリーズです。

詳細はこちら


おすすめの香皿・香炉

お手軽に使える香皿・香炉です。

インセンススタンド シルバー

インセンススタンド シルバー

長さ130mm~140mm程度のお香におすすめ

詳細はこちら

夢の夢 香皿 シリーズ

夢の夢 香皿 シリーズ

長さ50mm~80mm程度のお香におすすめ

詳細はこちら

陶器香皿&ウサギ香立 ピンク

陶器香皿&ウサギ香立 ピンク

長さ50mm~80mm程度のお香におすすめ

詳細はこちら

縁 香器 白磁色

縁 香器 白磁色

長さ50mm~80mm程度のスティック型、コーン型・コイル型のお香におすすめ

※コイル型お香には香炉灰をご使用してください。

詳細はこちら


香木・練香を楽しむ

本格的に楽しみたい方におすすめです。

1空薫(そらだき)

用意するもの
香炉香炉
香炉香炉灰
香炉香たどん
香炉火箸
香炉香木
香炉練香

昔ながらのお香のたき方です。平安時代には部屋や衣裳に薫物の香りをたきしめる時、部屋の雰囲気を変えたい時に用いられました。

空薫(そらだき)

1

香炉に香炉灰を入れ、火箸でよくかき混ぜて柔らかくしておきます。

空薫(そらだき)

2

炭をおこす炭団にライターなどで火をつけます。
炭団は火箸でしっかり掴んでください。
※火には十分注意してください。

空薫(そらだき)

3

灰の上に全体に火の回った炭団を置き、火箸で軽く灰をかけます。

空薫(そらだき)

4

灰が温まったら香木または練香を置きます。
しばらくすると香りが広がっていきます。

2電子香炉

電子香炉 しずろ

本格的な香りを楽しみたいけれど、火を使用するのはちょっと・・・という方には、電子香炉がおすすめです。

-電子香炉 sizuro(しずろ)おすすめPOINT-

  • 火を使用せず簡単な操作で香りが楽しめます
  • 素材に合わせて調節が可能です(5段階の細かい温度設定機能付)
  • お部屋のインテリアを邪魔しないシンプルなデザイン

電子香炉 しずろ

本体へセットした雲母板の上に、香材を乗せ、電源をON。
後は温度調整をするだけで、本格的な香りがお楽しみいただけます

電子香炉 sizuroの詳細はこちらから

おすすめの電子香炉・香材

火を使用しないので安全です。

電子香炉 しずろ

電子香炉 sizuro

詳細はこちら

※お香を焚くときには安定した場所で使用し、適宜換気をしましょう。