HOME > 日本香堂について > CSR > 文化活動への貢献

文化活動への貢献

香道の普及と支援

銀座の香間「香十庵」 イリノイ大学 日本館での「香席」実演 ニューヨーク国連本部で「香道」紹介(1982年)

日本香堂は、世界でも類を見ない歴史と深い奥行きをもつ「日本の香り文化」を、後世へと継承したいという想いから、これまで何十年にもわたり「香道教室」を開催し続けてまいりました。
また香りに関する講演活動や書籍出版等、各方面の求めに応じて、私共の社員スタッフが精力的に支援取り組みに努めております。
さらにはアメリカ、アルゼンチン、ブラジル、フランス等、海外においても香道のデモンストレーションを展開。日本の香り文化を世界中の方々に紹介する活動に力を注いでおります。

2008年には銀座本社ビルに香道教室、外国人観光客の方々にも香道を体験していただくことを目的に香間「香十庵」を開設しました。「香十庵」の内装デザインは、京都・銀閣寺の弄清亭(ろうせいてい)の香間の間取りを模して造られています。
弄清亭(ろうせいてい)の香間は、香間の祖型といわれています。その伝統の香間を銀座に再現しました。

「ふるさとのお盆の思い出」絵画コンクール

「ふるさとのお盆の思い出」絵画コンクール授賞式
「ふるさとのお盆の思い出」
絵画コンクール授賞式(2017年3月)
 
2016年最優秀賞の作品
2016年最優秀賞の作品
2016年最優秀賞の作品
2016年最優秀賞の作品
2016年最優秀賞の作品
2016年最優秀賞の作品

「香り」に限らずとも、特に文化貢献の見地から重要性の高い催事・事業に対しては公演・協賛も行っております。
主催事業として、日本に古くから伝わるお盆の風習を現代の子ども達にも忘れないでいてほしいとの願いから、2000年より「ふるさとのお盆の思い出」絵画コンクールを開催しています。
おかげさまで2012年には70.000点を超える作品が集まり、また2004年からは文部科学省「子どもの居場所づくり」キャンペーンにも参加し、作品の質・量ともに国内トップクラスの絵画コンクールに発展を遂げております。

世の中はどんどん新しく様代わりしていきますが、一方で私達はいつまでも変わりなく忘れることなく大切にとっておきたいものを持っています。
誰の心にも宿る、穢れなく美しい風景、愛しく懐かしい出来事・・・。そんな<心のふるさと>とも呼ぶべき一生のたからものと巡りあう、子ども達にとって夏休みは最高の舞台と申せましょう。そこには私達が受け継いできた心やさしいお盆の風習もきっと息づいていることでしょう。

子ども達が身のまわりにある自然や文化、ご家族や地域とのふれあいに目を向け、驚き、感動し、一枚の絵に塗り込めるそれがいつの日か彼等ひとりひとりの<心のふるさと>をさし示す道標のひとつになるとすれば、どれほど素晴らしいことかと思っています。
また子ども達の作品をご覧になった方々が、ご自身の思い出と重ね合わせ、時代を超えて変わることのない無垢な世界に触れていただけることを願ってやみません。

年表

平成29年
(2017年)
4月~6月 奈良国立博物館特別展「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」に協力。
3月~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2016年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。
平成28年
(2016年)
7~9月 奈良国立博物館特別展「忍性」に協力。
7~9月 「ふるさとのお盆思い出絵画コンクール」2015年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in 諏訪」を原田泰治美術館にて開催。
4~5月 奈良国立博物館特別展「国宝 信貴山縁起絵巻」に協力。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2015年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。
平成27年
(2015年)
10~11月 奈良国立博物館・開館120年記念特別展「白鳳」に協力。
7~9月 「ふるさとのお盆思い出絵画コンクール」2014年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in 諏訪」を原田泰治美術館にて開催。
4~5月 奈良国立博物館特別展「平安古経展」に協力。
4月 「PRAY for ONE 小さな祈りのプロジェクト」に協賛企業として参画。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2014年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。
平成26年
(2014年)
10~11月 奈良国立博物館「第66回正倉院展」に協力。
7~9月 「ふるさとのお盆思い出絵画コンクール」2013年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in 諏訪」を原田泰治美術館にて開催。
7~9月 奈良国立博物館特別展「国宝 醍醐寺のすべて」に協力。
5月 京都国立博物館「京博で聞香体験と講演会」に協賛。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2013年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。期間中の入場者数が14万人を超える。
平成25年
(2013年)
10~11月 東日本大震災からの復興を願う作品展「原田泰治の世界in福島 ふるさとへの出発(たびだち)」に協賛。
10~11月 11月17日(日)富士山「世界遺産」登録を記念し「凧つくり・凧あげの集い」を富士市:富士川緑地公園にて開催。
10~11月 奈良国立博物館「第65回正倉院展」に協力。
また同展で最も注目される出陳品「漆金薄絵盆(うるしきくぱくえのぼん)」に関わる実証実験に当社研究室が全面協力。
8~9月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2012年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in 諏訪」を、原田泰治美術館にて開催。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2012年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。
平成24年
(2012年)
10~11月 京都国立博物館 特別展覧会「宸翰(しんかん) 天皇の書 ~御手が織りなす至高の美」に協力。
奈良国立博物館「第64回正倉院展」に協力。
10月 震災復興支援チャリティ・イベント「KEEP ON SMILING FOR CHILDREN PROJECT in 比叡山延暦寺 ~こどもたちの新しい明日へ」に協賛。
8~9月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2011年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in 諏訪」を原田泰治美術館にて開催。
7月~8月 奈良国立博物館 特別展「頼朝と重源 東大寺再興を支えた鎌倉と奈良の絆」に協力。
6月 中国上海にて、お香のデモンストレーションを開催。
4~5月 京都国立博物館 特別展覧会「王朝文化の華・陽明文庫名宝展」に協力。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2011年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。
平成23年
(2011年)
10~11月 「第63回正倉院展」プレ講演会「香木の魅力。シルクロードの香りをそえて」を主催。
奈良国立博物館「第63回正倉院展」協力。
奈良国立博物館 特別展覧会「細川家の至宝 珠玉の永青文庫コレクション」に協力。
7~8月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2010年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in NARA」を奈良国立博物館・地下回廊にて開催。
7~8月 奈良国立博物館 特別展「天竺へ ~三蔵法師3万キロの旅~」協力。
3~5月 京都国立博物館 特別展覧会「法然へ ~生涯と美術~」協力。
平成22年
(2010年)
10~11月 奈良国立博物館「第62回正倉院展」協力。
7~8月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2009年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in NARA」を奈良国立博物館・地下回廊にて開催。
7~8月 奈良国立博物館 特別展「至宝の仏像」協力。
5月 上海万博日本産業館特設ステージコンサート「香音同源」に(株)チャプター・ワンと共催。
4月 奈良国立博物館 平城遷都1300年記念 「大遣唐使展」協力。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2009年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。
平成21年
(2009年)
10~11月 奈良国立博物館「第61回正倉院展」協力。
9月 平城遷都1300年祭100日前記念コンサートに特別協賛
7~8月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2008年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in NARA」を奈良国立博物館・地下回廊にて開催。
7~8月 奈良国立博物館 特別展「聖地寧波」協力。
4~5月 奈良国立博物館 特別展「国宝 鑑真和上展」協力。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2008年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を、昨年に引き続き、春休みで賑わう東京お台場・フジテレビ本社にて開催。
1月 BSジャパンの日仏交流150周年特別番組「パリに薫る東山文化 ~禅の心 香・茶・花~」を“日本香堂スペシャル”として冠提供。
平成20年
(2008年)
10~11月 奈良国立博物館「第60回正倉院展」協力。
9月 当社キャラクター“さだきちくん”と“かおりちゃん”が法相宗大本山薬師寺の「稚児散華」の図案として抜擢。
8~9月 奈良国立博物館「西国三十三所 観音霊場の祈りと美・特別展」協力。
6月 彩の国さいたま芸術劇場で開催の源氏物語千年紀 特別企画「源氏物語の誘惑」にて、再現した薫物による香りの演出で協力。
4~6月 奈良国立博物館 特別展「天馬 ― シルクロードを翔る夢の馬」協力。
4月 米国にて、四半世紀ぶりに「香道」の紹介。シカゴ総領事館-イリノイ大学-オーランド・ディズニーワールドの各会場を巡って、香席の実演を行い、いずれも動員予想を遙かに超える大盛況を博した。
3~4月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」の2007年度入賞作品を発表する「子ども絵画館 in お台場」を東京お台場・フジテレビ本社にて開催。会期中の来場者が20万人を超す盛況を博した。
1月 BSジャパンの新春特別番組「奥深き香道を継ぐ ~500年の時を越えて~」を“日本香堂スペシャル”として冠提供。
平成19年
(2007年)
9月 奈良国立博物館 特別展「美麗 院政期の絵画」に協賛。会期中の公開講座「香文化を楽しむ」開催運営に参画。
4月 奈良国立博物館 特別展「神仏習合 〈かみ〉と〈ほとけ〉が織りなす信仰と美」協賛。
平成18年
(2006年)
10~12月 東京国立博物館 特別展「仏像一木(いちぼく)にこめられた祈り」に協賛。
3~5月 東京国立博物館 天台宗開宗1200年記念「最澄と天台の国宝」展に協賛。
2月 東京ドームで開催の「世界らん展大賞2006」にて、平安時代の調香を再現したお香の香りの演出で協力。
平成17年
(2005年)
10~11月 京都国立博物館 天台宗開宗1200年記念「最澄と天台の国宝」展に協賛。
平成15年
(2003年)
5月 南仏グラースにて「香道」の紹介。世界の香り情報発信基地として名高い南フランスの古都グラースにおいて、香席の実演を行う。ローズ・ド・メイのバラの祭典の会期中で、世界各地から訪れる香り関係者、バラ愛好家、そしてグラースの香り産業に携わる関係者など多彩な出席者に対し、日本の香り文化を紹介。街角にはバラの花が咲き誇り、その花びらが撒かれる中、厳粛にして華やかな香道は貴重で繊細な文化として大きな注目を集めた。
平成14年
(2002年)
10月 「高松宮殿下記念世界文化賞」授賞式典において「香道」イベントを実施運営。常陸宮同妃両殿下、各国の受賞者、政財界人、文化人、各国大使ら約270人の来賓に対し、日本の伝統文化である香席が御家流宗家三條西堯水氏らに より披露された。その催しで、実施運営を全面的に対応。以後、同式典では2003年、2005年の開催時に来賓への「聞香のおもてなし」でも協力。
4月 東大寺・大仏開眼1250年を記念して企画された「東大寺 盧舎那仏献花2002」公演(和泉元哉/錦織健)に協賛。
平成13年
(2001年)
10月 ブラジル サンパウロ、アルゼンチン ブエノスアイレスにて「香道」の紹介。両国で日本の香り文化「香道」が紹介されたのは初めてのこと。サンパウロ大学などの教育機関や文化施設で、現地の著名文化人や日系人などへ文化交流として香席を開催。地元新聞、テレビニュースで大きく報道された。(国際交流基金の派遣事業に認定される)
平成12年
(2000年)
10月 静岡県沼津市にある、「沼津御用邸記念公園」の維持のための企画された草月流のイベントに協賛し、会場で香りの演出を行う(野村萬斎、錦織健の公演)。
8月 前年好評を博した「うらぼんえ」イベントを大阪・梅田の阪急サン広場に会場を移して開催。旧盆(8月)の入り直前にあわせて特設ステージ上に高さ4.8mの墓碑を設置、忙しい現代人に先祖供養の機会を提供し、東京と同様に大きな反響を呼んだ。
7月 新盆(7月)にあわせて、JR東京駅八重洲口のコンコースに高座を特設し、「駅寄席・ふるさとお盆亭」を開催。三遊亭円楽一門の小噺や江戸大神楽、奇術、寄席文字などの芸を披露し、来場者にお盆のひとときを楽しみながら「心のふるさと」に想いを馳せていただこうとの企画趣旨に、各方面から賛意が寄せられた。
7~12月 「ふるさとのお盆の思い出絵画コンクール」第一回開催。以後、毎年の恒例事業として継続。2002年より文部科学省「子どもと話そう」全国キャンペーン、2004年以降はその発展系である「子どもの居場所づくり」キャンペーンの賛同事業として参加。
5月/10月 広島・厳島神社の修復のために企画されたチャリティ・イベント「厳島花舞台」に草月流とのコラボレーション参加。重要文化財である同神社能舞台にて開催された東儀秀樹、野村萬斎、錦織健の各公演で、会場をオリジナルのお香の香りにより演出。
平成11年
(1999年)
7月 東京・新宿ステーションスクエアで「東京うらぼんえ」イベントを開催。新盆(7月)の入り直前にあわせて特設ステージ上に高さ4.8mの墓碑を設置し、忙しい現代人に先祖供養の機会を提供しようという試みは大勢の来街者より好評を博し、その模様が各マスコミに報じられた。
平成10年
(1998年)
9~10月 「ボローニャ歌劇場日本公演」に協賛。
3月 長野パラリンピック冬季競技大会にて、灯りと香りの演出。「世界の障害者が一堂に集い、人類共有の文化であるスポーツを通じて友情と国際親善の輪を広げ、 新たな可能性を見出し、明るい希望と勇気を抱くことのできる大会とする」との主旨に則り、開会式では選手団入場口と会場内で「ヒノキのお香」を焚き、開催地にふさわしい香りで各国の選手団を出迎えた。さらに聖火台の点灯には、当社がオリジナル作製した巨大なローソクに灯した火が用いられ、競技の開催を祝った。閉会式においても同様の香りの演出に加え、聖火台から火が移される最後のクライマックスシーンでも当社提供のローソクが登場、厳かな中に大会の感動を締めくくる印象的な演出効果として利用された。
平成8年
(1996年)
9月 フランス パリにて「香道」を紹介(会場はパリ万博のメイン会場となったグラン・パレ)。
4月 東京芸術劇場「チェコ・フィルハーモニー管弦楽団」に特別協力。
平成7年
(1995年)
11月 米国オーランドディズニーワールド内に香りの専門店「KOH HOUSE」開設。
昭和62年
(1987年)
1月 山本寛斎氏プロデュースのパフォーミングアーツ「心エネルギー」(渋谷パルコ劇場)にて香りの演出。ロビー空間を伽羅のお香の香りで満たし、ダイナミックな舞台への観客の期待感を盛り上げた。
昭和60年
(1985年)
9月 古都鎌倉にお香の専門店「株式会社鬼頭天薫堂」設立。香道にまつわる催事の展開や教室の開講など、鎌倉における香り文化の発信基地となる。
昭和58年
(1983年)
9月 東京・新宿駅東口で「彼岸供養イベント」を開催。特設ステージ上に高さ4mの墓碑を設置し、忙しい現代人にご先祖の墓参りをしていただこうとの趣向に、来街者はじめ各報道機関の注目が集まった。
昭和57年
(1982年)
9月 外務省の後援により、ニューヨーク国連本部で「香道」を初めて紹介。3大TVネットワークを通して全米に報道。続いてコロンビア大学、UCLA、UCバークレー等、米国の各大学を巡演。
昭和44年
(1969年)
11月 香りの専門店「株式会社香十」設立。香道にまつわる催事の展開や教室の開講など、東京における香り文化の発信基地となる。

ページのトップへ戻る