HOME > 日本香堂について > CSR > 環境への取り組み

環境への取り組み

環境に対する考え方
私たちは、地球がもたらす自然の恩恵を古より受けながら香りを通じて「祈り」と「癒し」を提供してまいりました。
「祈り」は、過去から今へ、親から子へと想いをつなぎ「癒し」は、暮らしに潤いと充足を、いわば真の豊かさをもたらします。 そんな地球の溢れる恵みを感じ、未来へつなげるために私たちは「Feel the Earth」をテーマとして掲げ、
地球環境に対する企業活動の姿勢を宣言いたします。

日本香堂< Feel the Earth >宣言

環境方針

1. 環境目標の設定と実施
CO2の排出量の低減目標を自主的に設置し、実施します。
2. 原料資材の調達、生産活動における環境負荷の低減
原料資材の調達、生産活動(生産委託先)において環境負荷の低減を行います。
3. 環境配慮製品の開発
栽培品等の環境に配慮した原料、再生資材の使用、包装資材の少量化を行います。
4. 全従業員の日常義務
日常の業務活動において問題意識を持ち、環境に与える悪影響を最小限にするよう行動します。
5. 環境保全活動の推進
地球環境を保全するため、自主的に、植林を中心とした活動を実施します。
6. 情報の公開
環境に関わる活動を公開し、方針と実践が一致するよう全力を尽くします。

環境活動

弊社では、全社における環境方針の具体的活動計画を策定し、さまざまなアプローチで環境への取り組みを行ってまいります。

2016年
5月 環境負荷軽減のため、サマータイム、クールビズを導入
2015年
5月 環境負荷軽減のため、サマータイム、クールビズを導入
2014年
5月 環境負荷軽減のため、サマータイム、クールビズを導入
2013年
5月 環境負荷軽減のためのサマータイムの導入
2013年
8月 東京本店オフィス・東京工場の照明818本をLEDに交換。
2012年
5月 環境負荷軽減のためのサマータイムの導入
2011年
5月 環境負荷軽減のためのサマータイムの導入
2011年
4月 太陽光発電設備を設置(一部工場)
2008年
6月 稀少原料の再生のためにタイ国東部地区にて植林開始
  • 塩谷工場

    各工場では環境に配慮した生産活動を行っています。

  • 太陽光発電設備

    太陽光発電設備を設置(一部工場)

  • 塩谷物流センター、ゴーヤ

    事務所の日除けにゴーヤが成長しています。

  • 荒川土手美化運動

    荒川土手美化運動に参加

  • 敷地の一部を開放

    近隣の花火大会への敷地の一部を開放

  • 弊社では工場の生産活動における環境負荷軽減だけでなく、地域との絆を大切にしております。
    地域近隣(行政、取引先、お客様)との絆を深め、活発な交流をすることで環境意識の向上を図っています。

ページのトップへ戻る