母の日参り

母の日参り~大人にも母が恋しい季があります。~

ご存じですか「母の日」のはじまり

5月の第2日曜日は「母の日」。母親への日頃の感謝を表す日として親しまれていますが、この記念日、実は20世紀初頭のアメリカで生まれたものだそうです。

きっかけは、当時フィラデルフィアに住む、母親想いの女性、アンナ・ジャービスでした。彼女の母親は南北戦争中に傷ついた両軍の兵士たちを救援・看護し続けた献身の人であり、1905年5月に他界。アンナは敬愛してやまない亡き母を偲ぶ日々の中で、世の母親に感謝を表す記念日づくりを思いたちます。

続きを読む

母の日参り

ご存じですか 「母の日」のはじまり

5月の第2日曜日は「母の日」。母親への日頃の感謝を表す日として親しまれていますが、この記念日、実は20世紀初頭のアメリカで生まれたものだそうです。

きっかけは、当時フィラデルフィアに住む、母親想いの女性、アンナ・ジャービスでした。彼女の母親は南北戦争中に傷ついた両軍の兵士たちを救援・看護し続けた献身の人であり、1905年5月に他界。アンナは敬愛してやまない亡き母を偲ぶ日々の中で、世の母親に感謝を表す記念日づくりを思いたちます。

アンナ・ジャービス彼女の構想に共鳴した周囲の助力もあり、1908年5月10日、アンナの母が長年教鞭をとっていたウェストバージニア州グラフトンの教会で「母の日」を祝う会が催され、アンナは母が好きだった白いカーネーションの花を祭壇に捧げました。この時が公的な最初の「母の日」といわれます。

亡き母を偲ぶ心から始まった「母の日」の輪は、やがて米国全土に広がり、ついには1914年、ウィルソン政権下の連邦議会で5月の第2日曜日を「母の日」と定める法律が可決され、翌1915年の施行によって初めて国家規模で認められた「母親のための記念日」誕生となりました。

同年、日本でも青山学院大学のアレクサンダー教授によって初めて「母の日」を祝う行事が紹介されたと伝えられますが、一般には戦後の1947年、米国に倣って5月の第2日曜日を「母の日」と制定されたと言われ、以来、全国的な行事として知られるようになりました。

TVCM 母の日物語

YouTubeでご覧いただけます

「母の日参り」に広がる共感の輪

亡き母を偲ぶ想いから生まれた「母の日」…。そんな記念日の由来に心を合わせるかのように、最近、ゴールデンウィークから母の日にかけての好季節に、亡くなられたお母さんの墓前を訪ねる『母の日 参り』の習慣が広がりを見せています。

この慈しみの芽を大切に育てていこうと今、業界の垣根を越えた有志企業・団体がパートナーシップを深めあい、それぞれが応援活動に取り組んでいます。

その連帯のシンボルとなるのが、映像作家・奥下和彦さんの手による『母の日参り』のロゴマーク。
さらに今春から奥下氏ならではの“1本の赤い糸”が紡ぎだすアニメーション動画がお目見えです。
映像にこめられた『母の日参り』メッセージ、ぜひシェアしてください。

クリエイターズ・メッセージ

母の日参り

母の日参りクリエイターズ・メッセージ

奥下 和彦 (おくした かずひこ) — プロフィール —

  • 金沢美術工芸大学視覚デザイン科
  • 東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻 卒業
  • クリエイターズマネージメントFOGHORN所属

2009年に制作した「赤い糸」が数々のコンペに入賞し、世界最大のデジタルフィルムフェスティバル「RESFest」のファウンダーJonathan WellsのキュレーションによりTED2010 Long Beach他でも同作品が上映されネット上の話題をさらう。
さらに2011年よりテレビ朝日の「報道ステーション」のオープニング映像を担当し、グッドデザイン賞を受賞。以後、多くのTVCM、MUSIC VIDEO、イラストレーション、絵画の展示販売、そしてライブペインティングを手掛け、現在に至る。

奥下 和彦

「母の日」と聞くと最初に思い起こされるのは、子供のころ母に花などのプレゼントをした思い出でしょうか。肩たたき券をあげたり、普段はまったくしなかった皿洗いをしました。母はとても喜んでくれていたように思います。

「母の日」の由来をたどると、約100年前のアメリカで亡き母を想う一人の女性が、母の好きだった一輪の花を捧げる「感謝の集い」を催したことにはじまるのだそうです。そのエピソードを「母の日参り」のロゴ・デザインのモチーフとしました。アイキャッチとして「母」の文字の中にハートを配置し、カリグラフィーを軸に、一本の赤い糸で視認性と暖かみを大切にしながら全体を構成したつもりです。

そのロゴデザインから1年を経て、「母の日参り」の動画を制作させていただける幸運に恵まれました。多くの方にご賛同いただけると想うのですが、母を想う気持ちは亡くなった後も生前と変わりがないはずです。機会があれば何度でも愛情を注いでくれた事にお礼がしたい、そんな気持ちを分かり易く 贈り物、というキーワードで表現してみました。家族の愛はいつでも双方向だ、ということをお伝え出来たとすれば幸甚です。

ムービーは短い時間ですが、ご覧になった方がご家族との懐かしい想い出を振り返るきっかけとなり、多くの関係者の方々が取り組んでおられる「母の日参り」に少しでも共感していただけることを願っています。

映像作家 奥下和彦

『GIFT』

YouTubeでご覧いただけます

「母の日の思い出」こころの三行詩を募集!

日本において「母の日」が正式に制定されて今年でちょうど70年―その大きな節目を記念して、〈大切な人との心の語らいを詠った三行詩〉の投稿サイト「こころの携帯電話(ケータイ)ひろば」では、 特別企画として『母の日の思い出』をテーマに〈三行詩〉作品の投稿を募集いたします。

選考委員は『母の日参り』テレビCMでもお馴染みの、女優・高島礼子さん。高島さんご自身、二十歳の時に亡くされたお母様のご命日に近い「母の日」は、『年に一度でいいから母に会わせて』と願わずにいられない大切な日、と胸中を語られています。

皆様から寄せられた『母の日の思い出』の三行詩作品から、高島さんが〈選考委員賞〉5篇を選出。
さらに受賞作を朗読し、収録したビデオレターを受賞者の方に贈呈いたします。
締切は2017年4月20日(木)。皆様からのご投稿をお待ちしております。

『母想う』篇

YouTubeでご覧いただけます

「母の日の思い出」こころの三行詩募集中

母の日参り Partnershiiiip 関連サイト

  • JAグループ和歌山
  • 日比谷花壇
  • PLAY for (ONE) 小さな祈りのプロジェクト
  • 亀屋万年堂
  • サントリーフラワーズ

ページのトップへ戻る